記憶に残る!
クリニック×歯周病治療の
認知度向上のための動画活用

[動画制作・動画広告]

記憶に残る!クリニック×歯周病治療の認知度向上のための動画活用ページのイメージ画像
福嶋歯科医院 様
[歯科診療]

小田急永山駅・京王永山駅より徒歩8分に位置し、駐車場も完備している東京都多摩市馬引沢2丁目の歯科医院です。患者様のお口の健康を守るため歯科全般に対応されていますが、その中でもとくに力を入れているのが歯周病治療になります。

患者様のお話をじっくり伺い、治療の選択肢について丁寧に説明し、最適な治療法にご納得いただいてから治療を開始されています。患者様のお口の健康を守り、いつまでも生き生きとした生活を送っていただきたくための歯科医療を提供されています。

福嶋歯科医院様 公式サイト:https://www.fukushima-dental.jp/

ソリューション

福嶋歯科医院といえば歯周病
医院の強みと治療説明を強いインパクトで

医院と、医院の強みである歯周病治療についての認知度を高めることが目的でしたが、歯科治療は専門的な内容なのでどうしても堅苦しく、情報量も多くなってしまいがちです。

すでにWebサイトも活用していたので、さらなる認知度を高めるためにはWebサイトにきていただくユーザー以外にアプローチできる広告が最適でした。

また、動画はストーリーで楽しさが演出でき、多くの情報量を伝えることができます。

YouTubeのTrueView広告は地域や年齢など細かく、かつ無駄なく視聴者をターゲティングができるので、地域に根ざす歯科治療には最適なソリューションになりました。

福嶋歯科医院様画像

お客様インタビュー

抱えていた課題

歯医者をネットで検索する前に
福嶋歯科医院を思い出してもらう

歯科医院に来院される多くの方は、何かしらお口に異変やトラブルを感じることがきっかけになります。

そのきっかけが起点となって「どこの歯科医院にいくかという」探すというアクションをしますが、その探すアクションではなく「福嶋歯科医院」を思い出してもらうために認知度を上げたいと思っていました。

具体的に知ってもらいたいポイントは福嶋歯科医院の強みである歯周病治療なのですが、専門性が高いがゆえの分かりづらさもネックと感じていました。

ブランディングテクノロジーを選んだ理由

ホームページを担当してもらっていた山本さんから私の抱えていた悩みに対して、動画広告を提案をしていただきました。

動画の構成案については、どうせなら面白いものを作ろう!ということで、花粉症のCMで花粉を擬人化させアメフトマンがタックルして撃退するという構成をヒントに、歯周病菌をレスラーが退治するという構成案を思いつきました。歯周病治療をレスラーの技に置き換えることで、おもしろ楽しく治療について知れるし、歯科医院がプロレス動画?というインパクトも強くて視聴者の記憶に残りやすいのではと挑戦してみることにしました。

お客様によるレビュー

実際に私も動画に出演し、ナレーションも体験できたし非常に面白かったです。動画制作スタッフの方も衣装デザインやキャスティングにこだわってくれ、映像制作の現場を知れるよいきっかけになりました。

業種は違いますが歯科医院と映像制作、それぞれの仕事へのこだわりを通じて、自分が伝えたいことを形にし、発信することの重要性を学べたと思っています。

ブランディングテクノロジーを検討している企業に向けてのアドバイス

自分の会社や医院の理念など伝えたいことを発信する手段はさまざまありますが、動画は短い時間でより多くの情報を伝えることができます。想いが実際に形になることで、一目置かれる存在になるかもしれません。