映像とパンフレットで感動を伝える
「10周年記念パーティー」
参加者全員を笑顔に!

[動画制作・パンフレット制作]

映像とパンフレットで伝える「10周年記念パーティー」参加者全員を笑顔に!ページのイメージ画像
医療法人社団 栗林歯科医院 様
[歯科診療]

千葉県浦安市にある医療法人社団 栗林歯科医院様は、患者様の歯の状態を把握し、専門医の診断に基づき、丁寧な説明と確かな技術で患者様と向き合っている歯科医院です。一般歯科治療だけでなく、歯並び、顎関節症などで悩む多くの患者様の気持ちに寄り添いながら、安心して受診していただける環境づくりに取り組まれています。

医療法人社団 栗林歯科医院 公式サイト:https://www.kuribayashi-dc.com/

ソリューション

10年間の感謝の気持ちと
次の10年の想いを形に

10周年の振り返りと次の10周年の目標をお世話になった関係者の皆様に伝えるために、映像制作とパンフレット制作をさせていただきました。

制作のために必要な情報をヒアリングするために何度も訪問や電話をするなど、密なコミュニケーションをとって進めていきました。

パーティーのその場で撮影・編集・上映

栗林歯科医院様のパーティー映像

結婚式では一般的な手法ですが、映像を撮影してその場ですぐに編集し、参加者にみてもらう上映方法があります。栗林歯科医院様の10周年パーティーではこの方法を取り入れて、会場を盛り上げることができました。

印刷方法にまでこだわったパンフレット制作

栗林歯科医院様のパーティーパンフレット

ご来場いただく方の笑顔のために、パンフレットのデザインだけでなく、手にとった質感にもこだわった印刷方法をご提案しました。

成果

10周年パーティーが終わった後も
来院される患者様から好評を

パーティーでは、栗林歯科医院のスタッフ様や関係者の皆様に喜んでいただけました。弊社スタッフも10周年パーティーに参加させていただきましたが、制作した映像をご覧になっているお客様の生の驚きの表情が印象に残っています。

栗林歯科医院様の外観

後日、パーティーで使ったパンフレットを医院に置かれていたのですが、治療で来院された患者様からも「パンフレットが欲しい」というお声をいただき、パーティーが終わった後も好評を得ています。

医療法人社団 栗林歯科医院様画像

お客様インタビュー

抱えていた課題

開院して10年の振り返りと、次の10年の目標設定を行うために記念になることをしたく、何をすべきか考えあぐねていましたが、「関係者の方々に直接感謝を伝える場を設けること」という答えにたどりつきました。

開院10周年のパンフレットをつくろうと思ったとき、付き合いのあるたぼ歯科医院のパンフレットがとても良かったことを思い出して、多保理事長に制作会社を紹介してもらったのですが、その会社がブランディングテクノロジーさんだったというわけです。

その時、パーティーで流す映像を当初制作をする予定だった企業様が対応できなくなってしまい困っていたのでブランディングテクノロジーさんに相談させていただきました。映像制作体制がしっかりしていたのでおまかせすることにしましたが、パーティーのパンフレットや招待状まで一貫してご協力いただけることになり大変助かりました。

ブランディングテクノロジーを選んだ理由

ブランディングテクノロジーさんとの付き合いが始まった当初の営業担当だった澤田さんも一生懸命やってくれていましたが、現在の担当である安藤さんや田中さんなど他のスタッフの方も今までどおり変わらず熱心に対応してくれて相談しやすいです。実は、相談相手がほしかったんですよね。

それだけではなく、企業としても成長を感じる場面が増えていると思っています。特に、現在のブランディングテクノロジーさんの体制ではヒアリング力が非常に上がりましたよね。その上で何が必要なのか、プロとしてアドバイスや意見をもらえることが嬉しいです。

お客様によるレビュー

映像制作やパンフレット制作など、これまでのブランディングテクノロジーさんには満足の一言ですね!ただひとつのものを作り上げるだけではなく、次にどう活かしていくかといった提案までいただけているのですごく助かっていますし、私達との関わり方も制作して関係が終わるといった悲しい関係ではないところも好きです。

企画出しやすり合わせなど、ブランディングテクノロジーさんの総合制作チームと連携をとって、妥協することなく何度も打ち合わせをして納得のいくものができあがりました。

また、患者様に冊子を配ったときも非常に高い評価をいただけています。動画はパーティー以外にも求人用に活用できますし、来年もどんどん新しい取り組みを続けていきたいと思っています。

ブランディングテクノロジーを検討している企業に向けてのアドバイス

仕事をする上で相談する相手が必要になってくるのは、みなさんご存知のことと思います。

ブランディングテクノロジーさんには、安藤さんや田中さんのように経営やマーケティング視点で、映像であれば内藤さん、パンフレットであれば八代さんというように、それぞれのプロフェッショナル領域でヒアリングしてくれるので、やりたいことや目的にあったもの、できるできないの判断や、違う視点や角度から「こうしたらできるんじゃないか」と提案をしてくれます。

これからブランディングテクノロジーさんを検討している企業様・医院様も、まずは「相談」からはじめてみるといいと思います。きっと親身になって相談にのってくれ、最適な答えを出してくれますよ。