ノウハウ×機材で商品の魅力を伝える!
ハイクオリティな動画制作事例

[動画制作]

ノウハウ×機材で商品の魅力を伝える!ハイクオリティな動画制作事例ページのイメージ画像
株式会社ストラフィア 様
[スマートホームデバイス企画・経営コンサルティング]

スマートホームのデバイス企画や各業種向け経営コンサルティング、国内・海外でのビジネスデベロップメントの請負、ご支援をされております。事業が軌道にのるまで徹底的に支援することが他のコンサルティングファームとの違いです。

ソリューション

動画PRの相手は世界中の人々

世界最大のファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で資金を募るための動画を作成しました。
スマートフォンやAIスピーカーがリモートコントローラになり、電源のオン・オフや調光ができるハイテクさと、高級感やスタイリッシュなインテリアにフィットするデザイン性が魅力のスタンド照明「All-in-One Lighting System」の特徴を、動きのある画作りでわかりやすく伝えることができました。

「All-in-One Lighting System」紹介動画の4つのポイント

動画制作の目的と商品の魅力を伝えるために、工夫した点や心がけたことをご紹介します。

ロケーション選定

商品の魅力を最大限に活かすためには、撮影場所も重要なポイントです。スタイリッシュな商品とマッチする空間を求めて、最適なハウススタジオを提案しました。

キャスティング

商品は実際に人が使うものです。利用シーンにふさわしいキャスティングかつ、ユーザーが見たいと思える動画のビジュアルづくりになっています。

ナレーション

クラウドファンディングの相手は世界中の人々です。そのためには英語のナレーションが必要で、商品の持っている「落ち着き」があるイメージに合わせて、やや重厚な声を選定しました。日本語原稿を元に、ネイティブな英文に校正して収録しています。

スタビライザー「RONIN-S」

RONIN-S

高級感・スタイリッシュ・落ち着きなどのキーワードは映像にするとやや単調な画作りになりがちですが、そのデメリットを解消するための機材であるスタビライザー「RONIN-S」を使って、商品の持っている雰囲気を活かしつつ、動きのある映像にしました。

RONIN-S

株式会社ストラフィア様画像

お客様インタビュー

抱えていた課題

クラウドファンディングでプロモーションするための動画を作りたかったのですが、どこに作ってもらうか、どうやって制作会社を選んだらいいのか困っていて、複数の業者に問い合わせをすることになりました。その内の一社がブランディングテクノロジーさんでした。

ブランディングテクノロジーを選んだ理由

担当の田中さんからスピーディーな対応でヒアリングなどをしていただき、またこれまで制作された実績を見せていただきましたが、他の動画制作会社よりクオリティーが飛びぬけて高かったのでブランディングテクノロジーさんを選ばせていただきました。

お客様によるレビュー

過去の実績をみせていただいていたのである程度のクオリティを期待していましたが、その予想を大きく上回る出来栄えに満足しております。

ブランディングテクノロジーを検討している企業に向けてのアドバイス

動画制作は制作に関わるスタッフのセンスや経験に大きく左右されると思います。ブランディングテクノロジーさんは十分な能力と実績をもっているので、出来上がった動画はもちろんのこと、ブランディングテクノロジーさんを選定した自社の信用や評価も高めてもらいました。

お付き合いする企業による波及効果が非常に大きいということも体感できたので、とにかくセンスの良いプロダクションを選ぶことをおすすめします。

ハウススタジオでの撮影風景