ブランディングテクノロジー株式会社 イメージキャラクター 前川泰之

“入塾者を増やすために”必要なことを教えます。

ブランディングテクノロジー株式会社 イメージキャラクター 前川泰之

STEP1 知ってもらう

ご存じですか?
塾を知るきっかけ

紹介
47.49%
チラシ・
ダイレクト
メール
22.12%
看板・
交通広告
13.27%
その他

子どもを塾に通わせようとするときに、地元にある塾を知るきっかけで一番多かった回答は「紹介」で47.49%です。次に「チラシ・ダイレクトメール(22.12%)」「3番目に看板・交通広告(13.27%)」という結果になっています。

※2019年7月弊社インターネット調査

塾の日頃の努力が認められて紹介されることは素晴らしいことですが、
近い顕在層の見込み客にしか認知獲得ができていません。

紹介以外のアプローチがほかの塾よりも
入塾者を獲得できる施策になります。
そして、実は「口コミでの紹介」には入塾の決め手は
必ずしもそれだけではないということをご存じですか?
詳しくは、入塾の決め手でご説明します。

紹介以外の認知の施策

まだ取り組んでいない施策はありませんか?
まずは、自社を知ってもらうための窓口を増やしましょう。

  • 「自然に目に入る」広告

    「自然に目に入る」広告

    広告といえばポスターやチラシを思い浮かべる方も多いと思いますが、近年の保護者、生徒の方には動画広告やSNS広告も効果的です。塾マーケでは、大学受験予備校や小学生・中学生向けの学習塾などで広告実績があります。

  • 「ユーザーの知りたいに応える」検索エンジン対策

    「ユーザーの知りたいに応える」検索エンジン対策

    キーワードマーケティングを駆使して、集客できるコンテンツを制作します。Googleでの検索順位を上げるためのSEO施策、ユーザーの関心がどこにあるかを的確に分析できる「ヒートマップ」などを用いて、ユーザーが見てもらえるコンテンツを制作します。数多くの業種で実績があります。

  • 「オフラインの対策も重要」チラシ

    「オフラインの対策も重要」チラシ

    紙のチラシを大量に印刷してやみくもにばらまく宣伝手法は、非効率的な場合もあります。塾マーケは、あらゆるデータを多角的に分析できる、「マーケットアナライザー」を用いて市場を分析し、チラシの効果を最大限に高めます。チラシの制作、印刷も請け負います。

STEP2 興味を持ってもらう

どんな塾に通わせたい?

保護者が注目するポイント
保護者

通わせたいと思う塾の特徴

  • ・子供のレベルに合っているか
  • ・学びやすそうな環境があるか
  • ・講師が教育熱心か
  • ・一人ひとりに向き合ってくれるか
  • ・親身に相談に乗ってくれそうか

通わせたくないと思う塾の特徴

  • ・利益優先主義
  • ・やる気がない・威圧的な講師
  • ・一人一人の学習力を考えてくれない
  • ・成績の良い生徒を優遇する
  • ・講師がアルバイト

通わせたいポイントが打ち出せてますか?
マイナスポイントをあらかじめ補足できていますか?

STEP3 選んでもらう

選ばれるポイントは?
入塾の決め手

入会させる前に比較検討した学習塾の数

46.9%

保護者に実施したアンケート結果によると、46.9%の人が2~3社の塾を比較検討してから、塾を選定しています。中には、「比較しなかった」と回答した人もいますが、比較検討された際には、合格実績、アクセスのよさ、授業料のシステムなどをうまくアピールしている塾が選ばれる傾向にあります。

※2019年7月弊社インターネット調査

紹介で塾を知った人の、入会させる前に比較検討した割合

40%

紹介で自社の塾を知ってもらえても安心できません。約40%の人が比較検討しています。また、35.19%の人が「比較しようとは思ったが、時間やタ イミングが無かった」という結果が出ています。比較検討された際にパンフレットやWebサイトなどのコンテンツが充実していないと、魅力が伝わりづらい場合があります。

※2019年7月弊社インターネット調査

入会させた学習塾を選んだ決め手は何でしたか?

36.28%
32.74%
17.7%
その他

「地理上の通いやすさ(36.28%)」「学習内容や、これまでの実績が良かったから(32.74%)」が主な要因で、「紹介」に近い「口コミが良かった」は17.7%になっています。つまり、生徒の自宅や最寄り駅からのアクセス、合格実績、授業内容も重要な判断材料なのです。

※2019年7月弊社インターネット調査

  • 1.地理上の通いやすさ
  • 2.学習内容や実績が良かった
  • 3.口コミが良かった

以上の結果から「口コミでの紹介」も重要ですが、
入塾の決め手はそれだけではないことがわかります。

選んでもらうのための施策

選ばれるポイント、打ち出せていますか?
正しく・魅力的に伝わっていますか?

口コミに頼らず、情報を正しく発信するには
伝えるコンテンツを作る必要があります。

  • 「自社コンテンツの大事な器」Webサイト

    「自社コンテンツの大事な器」WEBサイト

    Webサイトに掲載する情報はほかの塾を比較検討していただく際に非常に重要です。興味関心を引き、選ばれるポイントを効果的に伝えるためのコンテンツ制作に自信があります。塾マーケでは大手通信教室グループなど、多くのWebサイト制作実績があります。

  • 「ユーザートレンドに合わせた」SNS運用

    「ユーザートレンドに合わせた」SNS運用

    普段の取り組みを定期的に発信して、Webサイトやパンフレットの掲載内容に信憑性を持たせましょう。SNSは生徒の保護者とのコミュニケーションツールにもなります。弊社では、SNS運用も可能。LINE、Facebook、Twitterなどで配信するコンテンツの画像や文章の作成、投稿もお任せください。

  • 「最も多くの情報が伝わる」動画

    「最も多くの情報が伝わる」動画

    動画はただ制作するだけではなく、広告としても活用しましょう。塾マーケが配信した学習塾の動画広告は、配信したユーザー約二万五千回に対し、特定の視聴に至ったユーザーが約一万回と40%の高視聴率を記録しました。合格者や講師のインタビュー撮影、教室の雰囲気の紹介など、さまざまなシーンを取り入れた動画制作が可能です。

  • 「オンライン以外でも伝えられる」パンフレット

    「オンライン以外でも伝えられる」パンフレット

    塾は地域に根差す教育施設。オフラインでの施策も大切です。教室の見学に来た保護者や生徒の方にお渡しするためにもパンフレットを用意しましょう。パンフレットのライティング、デザイン、印刷、納品までワンストップで対応可能です。

STEP4 満足してもらう

入塾して終わりじゃない
継続してもらうことが重要

塾を退会させる要因
  • ・成績が上がらない
  • ・子供が塾に行きたがらない
  • ・子供のモチベーションが下がった
  • ・講師が子供に寄り添わない
  • ・子供の理解度を無視して先に進めていく

マイナス要因をフォローアップして
満足度を高めることが、紹介につながります

フォローアップのための施策

  • 「こちらから情報が届けられる」メールマガジンの配信

    「こちらから情報が届けられる」メールマガジンの配信

    塾で伝えきれない情報は、メールマガジンの発信で入塾者をフォローしましょう。配信先をセグメントすることで必要な人に必要なコンテンツを配信することができます。コンテンツの企画やライティングにも対応。メールマガジンの実績としては、資格スクールの事例で開封率50%超えを記録しています。

  • 「復習など理解度が高まる」録画授業でeラーニング

    「復習など理解度が高まる」録画授業でeラーニング

    eラーニングを使って自宅で復習できることで生徒の勉強への理解度がアップします。また、塾を休んでしまった方や、遠方に住んでいる方も授業を受けることができる注目のコンテンツです。塾マーケでは、有名大学主催社会人向け講座のeラーニング動画の制作実績があります。

  • 「最適なフォローのための」分析・改善

    「最適なフォローのための」分析・改善

    既存のWebサイトや広告の分析・改善を行うことも可能です。「Google アナリティクス」「ヒートマップ」「パスカル」などのツールを用いて、ユーザー分析や改善を行います。貴社が達成したい成果指標(KPI)に適した導線・デザインを設計します。

塾マーケ

目標や改善点は会社ごとに違う

今、貴社に必要な施策をご提案します

現状を分析して、やるべき施策のプランをご提案!
貴社に合う最適な人材を塾マーケがアサインします。

まずは無料分析に申し込む

お申し込み頂いた後に、メールにて
分析に必要な情報をヒアリング
させていただきます。