Interview インタビュー取材・撮影を一から対応

インタビュー取材・撮影を一から対応ページのイメージ画像

単にコンテンツを量産することが、コンテンツマーケティングではありません。たとえば、ユーザーが知って得をする「知識コンテンツ」は、コンテンツマーケティングにおけるいわゆる入り口です。より発展性のある内容を求めるのであれば「インタビューコンテンツ」の作成をおすすめします。顧客やユーザー、取引先などの声を反映させたインタビューコンテンツを作成することで、サイト訪問者にサービスや事業をより具体的にイメージしてもらうことも可能です。

しかし、インタビューコンテンツに興味があっても、「取材のノウハウがない」「聞いた話をうまくまとめる自信がない」という担当者の方も多いでしょう。そこでおすすめするのがC-NAPSの「インタビュー取材・撮影」です。C-NAPSには紙媒体の経験もあるキャリアを積んだスタッフが多数在籍。インタビュー取材・撮影はもちろんのこと、対象が遠方の場合は電話取材も承るなど柔軟な対応を行っています。

「充実のスタッフ陣」と「柔軟な対応力」が強み

インタビューコンテンツについて、「話し手がしゃべったことを単にコンテンツ化したもの」とお考えの方も多いかと思います。しかし、上手にコンテンツ化することは非常に難しく、自社で対応を試みたものの、「うまくいかなかった」というケースも珍しくありません。

インタビューはインタビュイー(取材対象者)のことを入念に調べるリサーチ、コンテンツの構成の企画、アウトプットのイメージを想定した質問事項の作成、さらにはインタビュイーの発信したい内容を端的にまとめる編集力が重要になります。その点を踏まえ、入念な準備をした上でインタビューを行わなければ、完成したコンテンツがイメージとかけ離れてしまう可能性もあるでしょう。

C-NAPSの「インタビュー取材・撮影」は、そうした対応が難しいインタビューコンテンツについても安心してお任せいただける体制が整っています。C-NAPSの強みだと言えるのが「経験豊富なスタッフによる一括取材対応」と「分野・難易度を問わない柔軟な対応力」の2点です。

強み1:経験豊富なスタッフによる一括取材対応

C-NAPSにはインタビューの現場を数多く経験したスタッフが多数在籍しています。文章を作成するライター、コンテンツの品質管理を行う編集者、制作進行や取材の陣頭指揮を執るコンテンツディレクター、対象者の表情を写真におさめるカメラマンとそれぞれの職種の人材が充実。取材前の準備に当たる企画や質問項目の作成から、取材本番の進行や撮影、コンテンツ制作とその品質管理まですべて一括して対応いたします。

差別化ポイント

  • 紙媒体などで実績豊富なライターや編集者が多数在籍
  • カメラマンのアサインによって取材・撮影も一括オーダーが可能
  • 社内チェック体制の充実でコンテンツの品質を担保

強み2:分野・難易度を問わない柔軟な対応力

インタビューにおいては質問が専門領域の内容に触れたり、対象者が発信する内容が難しかったりするケースはよくあります。そのため、「アウトプットのイメージが想定と違った」「ニュアンスが正しく伝わらなかった」という内容の齟齬(そご)が生まれることも珍しくありません。C-NAPSでは経営者や官公庁など多方面の取材実績があります。分野・難易度を問わず、柔軟に対応いたします。インタビュイーが遠隔にお住いの場合は、電話取材も実施しています。

差別化ポイント

  • 内容によって専門ライターや監修者らをアサインするスタッフィング力
  • 芸能人やアスリートなどの著名人に対するインタビュー実績も多数
  • 専門的な言葉を噛み砕いてわかりやすくする表現するアウトプット力

C-NAPSが考える良質なインタビューコンテンツとは

C-NAPSでは「充実のスタッフ陣」と「柔軟な対応力」という2つの強みを活かして、良質なインタビューコンテンツの作成を目指しています。ただ、注意が必要なのは「質」における認識です。C-NAPSでは、出演するインタビュイーの知名度や記事の文章力だけでインタビューコンテンツの質を判断していません。

それ以上に「企画内容と齟齬がなく、読み手が意識されていること」「インタビュイーの意図や想いをきちんと反映していること」「読みやすく理解しやすい文章に整理されていること」を満たしているかどうかを重視しています。この3つの条件がわかりやすく質の高いインタビューコンテンツの指標だと考えています。

質の基準1:企画内容と齟齬がなく、読み手が意識されていること

インタビューコンテンツを作成する上では、必ずその目的や背景が存在するはずです。たとえば、採用サイトのインタビューコンテンツの場合は、仕事の魅力を伝えることで求人への応募を増やしたいという意図があります。しかし、仕事内容がわかりづらかったり、ターゲットである求職者向けの文章になってなかったりするなど、読み手を意識しないと「応募に結びつかない」など望んでいない結果を招く可能性があります。

そのため、インタビューコンテンツ作成の際は、まず「誰のための何を目的としたコンテンツなのか」という企画内容を明確にしましょう。そして、その上で常に内容に齟齬がなく、読み手の感覚とズレがないかを意識した文章を作成することが大切です。

質の基準2:インタビュイーの意図や想いをきちんと反映していること

インタビューコンテンツには必ずインタビュイーが存在し、その内面を知ることができる点がコンテンツの最大の魅力だと言えます。しかし、その反面でインタビューの際にきちんとインタビュイーの心情や考えを汲み取れていないと、本人の意図や想いが反映されていない、正しい情報が発信されていないコンテンツになってしまいます。それはメディアにおいてデメリットでしかなく、インタビュイーからの信頼も失いかねません。

インタビューコンテンツに関しては、きちんと担当のインタビュアーやライターがインタビュイーについて理解することが大切です。そして、意図や想いをきちんと汲み取り、よりわかりやすい言葉や表現でアウトプットすることが望まれます。特にインタビュイーの人柄や“らしさ”を反映できるとインタビューコンテンツとしての精度が高まります。

質の基準3:読みやすく理解しやすい文章に整理されていること

たとえば、インタビュイーが経営者や専門家の場合は、取材内容が難解であったり、専門的であったりして一般人には内容が理解しにくい文章になってしまうケースもあります。もちろん、ターゲットとする読み手のリテラシーに合わせたレベル感の文章を作成することが重要ですが、インタビューコンテンツでは特殊な表現や奇をてらった言い回しは避けるようにしましょう。

インタビュイーが語った言葉を文字通りにコンテンツにするのではなく、より理解がしやすいように編集することが不可欠です。「インタビューで言っていないことを掲載しても大丈夫?」と心配になるかもしれませんが、話した内容と意味合いが変わらなければ、むしろ積極的にわかりやすい表現にすべきだと言えます。もちろん、その際は内容が間違っていないか本人に確認する必要があります。

C-NAPSのインタビュー取材・撮影サービス一覧

経験豊富なスタッフ陣による確かな対応によって、C-NAPSではこれまで多くのインタビュー取材・撮影の実績を残してきました。以下ではC-NAPSで対応しているインタビュー取材・撮影のサービスを一覧で紹介します。

サービス1:人物インタビュー取材

人物の魅力にフォーカスしたコンテンツを作成するためのインタビュー取材です。芸能人やアスリート、経営者などさまざまな業界で活躍する著名人の方を対象としたインタビューも承っています。インタビュイーが専門分野に携わる方であれば、専門家をアサインしてインタビューを行うことも可能です。その場合もC-NAPSのスタッフ陣が編集やコンテンツ全体をコントロールします。

サービス2:採用インタビュー取材

人材確保のために、企業イメージを伝えるコンテンツの作成を目的とするのが採用インタビュー取材です。企業にとってスタッフは“人財”であるだけに、採用におけるマッチングは非常に重要です。採用のミスマッチをなくすためにも、スタッフのインタビューコンテンツを通して“企業らしさ”の表現をお手伝いします。企業が求める人材像をしっかり抑えることでそれぞれのインタビュイーの魅力を引き出し、企業や人のカラーを的確に伝えます。

サービス3:事例インタビュー取材

コンテンツマーケティングを運用する上で重要な事例コンテンツの作成のためのインタビュー取材です。どんな事業をしていて、どのくらいの実績があるかなどをわかりやすく伝える上で事例コンテンツは非常に有効だと言えます。事例を単に情報として伝えるのではなく、担当者のインタビューを交えたコンテンツにすることで、読み手が信頼感や納得感を持てる内容にすることが大切です。C-NAPSではそうした事例インタビューにおけるノウハウを持っています。

サービス4:施設関連インタビュー取材

レジャーやエンタメ関連の紹介コンテンツ作成を目的として、施設の関係者に行うインタビュー取材です。話題のスポットはその場に行ってみないとその魅力が伝わりにくい面があります。そのため、現場の様子や担当者の声をコンテンツ化することで、まだ見ぬ現場の雰囲気を感じ取ることができるはずです。C-NAPSでは現場取材において、企画書の作成から取材対応までトータルでコンテンツ作りをサポートします。

インタビュー取材・撮影はすべてC-NAPSにお任せください

C-NAPSには紙媒体も経験している実績が豊富なスタッフが在籍しています。紙媒体経験者のスキルとしては、テキストだけではなく写真や図説などのフォトディレクションやデザインを考慮したインタビュー取材ができる点が強みです。同時に写真撮影や動画撮影のためのスチールカメラマンやビデオカメラマンなどプロフェッショナルをアサインできるので、インタビュー取材と撮影をワンストップで対応することで、高品質のコンテンツを提供できます。

インタビュー・取材の依頼を検討している方は、どこに任せるかの基準や、関わる上でのツボやノウハウを解説している記事もご一読ください。その上でインタビュー取材をどこに任せて、どう関わるかを決めることをおすすめします。その際にC-NAPSの「インタビュー取材・撮影」を選択肢の1つに加えていただければ幸いです。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。