インタビュー・取材記事の
ライティング依頼・代行会社選定
4つのポイント

インタビュー・取材記事のライティング依頼・代行会社選定4つのポイントページのイメージ画像
投稿者:河島 美津雄

Webメディアやコンテンツの運営には質の高いライターが必要不可欠です。
しかも、インタビューや取材を伴う内容となれば記事の品質だけではなく、取材先とのコミュニケーション能力や経験なども必要になりますので、安心して依頼・代行できるライターを探すのはより難しくなるといえるでしょう。

そこで今回は、取材記事のライティング依頼・代行でありがちなトラブルや、依頼・代行先選びで失敗しないポイントについてご紹介します。

施設の取材・インタビューについて詳しく紹介している記事もありますので、こちらも参考にしてください。

 

現場でも使っている取材企画書のサンプルがダウンロードできます

 

インタビュー・取材記事の主な請負先

インタビュー・取材記事の請負先としては、主に以下4種類があります。

  • フリーライター
  • クラウドライター(クラウドソーシング)
  • 紙系編集プロダクション
  • Web系編集プロダクション

これら4種類は違った特徴を持っているので、それぞれの特徴を知っておくと依頼・代行先を選ぶ際に便利です。

 

フリーライター
活躍しているライターは実績や信頼性が高い傾向にあり、ライティングの品質に自信を持っている方も多い。
クラウドライター(クラウドソーシング)
ライター探しに手間がかからず、依頼しにくい少量案件でも請け負ってくれる。低コストでの依頼・代行も可能。
紙系編集プロダクション
広告代理店や出版社から委託をされていることが多く、ライティングだけでなく印刷に関する知識も豊富。
Web系編集プロダクション
Webを中心に手掛けており、メディア運用や編集、SEO対策など、コンテンツマーケティングの全てを任せることもできる。

インタビュー・取材記事の依頼・代行によくある4つのトラブル

ライティングを依頼・代行してみたものの、仕上がりを確認してがっかりする依頼主というのも少なくありません。
ここでは、ライティング依頼・代行でよくある4つの失敗についてみていきましょう。

【その1】品質に満足できない

インタビュー・取材記事でよくあるのが、記事を通して伝えたいことにズレがあったり、内容の整合性が取れていなかったりすることです。
こういった場合ライターに取材経験がなかったり、対象分野や業界についての理解がなかったりすることが多く、最終的には自分で手を加えなければなりません。
また、編集に費やす時間も多くなることから、こんなことなら自分でライティングした方が早かった…と後悔する場合もあります。

【その2】指示内容を反映しない

取材ライティングの場合は、あらかじめ決まっているフォーマットに沿って執筆していくというのが一般的ですが、中には自由に構成をつくり、発注元やメディアが指示した内容を反映していない記事が納品されることもあります。
さらに、最初から最後まで勘違いでライティングされた場合は全てをやり直さなければなりませんから、手間だけでなく依頼費や時間までが無駄になるのです。

また、取材内容はインタビューをした本人しかわかりませんから、依頼・代行した側が修正・編集するといっても限界があります。
いくら取材先と良好な関係を築けていたとしても、「もう一度取材させてください」とはなかなか言えませんので、最悪の場合その企画自体が無駄になることもあるのです。

【その3】依頼元や取材先との連絡がうまくいかない

取材ライティングは「依頼元」「ライティング請負者」「取引先(取材先)」の3者で成り立っているのが一般的です。
この3者の中でも特に重要なのが「ライティング請負者」で、依頼元と取引先の両社とスムーズにやり取りを行うことが求められます。
万が一ライティング請負者が連絡を怠ってしまったり、いい加減な対応をしたりすれば、取引先から取材を断わられてしまうかもしれません。
そうなればライティングの依頼自体が成り立たなくなりますので、依頼・代行先を選ぶ際には実績や信頼性を重視することも大切です。

【その4】納期を過ぎても納品しない、仕事を辞退される

取材・インタビュー記事に限らず、どんなメディアにも納期は存在するものですが、直前になって「納期を伸ばしてほしい」と連絡が入る場合があります。

こういったトラブルが特に多いのが体一つで仕事をしているフリーランスで、予期せぬ出来事が納期に大きく影響してしまうことが多くなります。
また、フリーランスの場合は納期を過ぎても連絡が来なかったり、直前になって辞退されたりすることも多く、社会人としての意識が問われるライターも少なくありません。

一方、企業などの組織で運営している業者の場合はスタッフが複数人いるのがほとんどなので、万が一担当者の都合が悪くなったとしても、別のスタッフで対応が可能です。
そのため、フリーランスに比べて納期トラブルが起きにくいといえるでしょう。

この依頼・代行先は大丈夫?依頼前にチェックするべき4つのポイント

この依頼・代行先は大丈夫?依頼前にチェックするべき4つのポイント

失敗しない依頼・代行先選びには4つのポイントがあります。
これらのポイントに当てはまる依頼・代行先を選べば、品質や納期、取引先等のトラブルを未然に防ぐことが可能ですので、事前にしっかりとチェックするようにしましょう。

ポイント1.依頼・代行先の身元がはっきりしているか

ライティングを依頼する際、まず注意したいのが依頼・代行先の身元が明確であるかということです。
依頼・代行先の身元がはっきりしないままライティング依頼をしてしまうと、万が一納期を過ぎてしまった際に連絡が取れなくなる可能性があります。
特にフリーランスの場合は「個人」になりますから、住所や電話番号を公表していない場合が多く、少々不安が残るところです。
また、企業だったとしても音信不通になる可能性はありますから、身元がはっきりしているところを選んだ方が安全だといえます。

ポイント2.納期を守れる体制があるか

ライティング依頼で最も重視されるのが「納期」ではないでしょうか。
人間がライティングをしている以上、どうしても仕事をやり遂げることができないという出来事に見舞われる可能性はありますが、それをカバーできる体制が整っているのが理想的です。

1人で仕事をしているフリーランスは代役を立てることができませんが、組織であれば複数人のスタッフで担当者の穴埋めをすることができます。
もちろん、フリーランスライターの中には納期最優先で仕事をしている方もたくさんいますが、企業の方がトラブルになるリスクが少なく、トラブルになった際にも対処しやすいという安心感があるといえます。

ポイント3.取材ライティングをした実績があるか

インタビュー・取材記事において「実績」はかなり重要なポイントです。
取材ライティングの失敗要因となるのは、大抵の場合取材に対するノウハウがなかったり、実績がなかったりという場合がほとんどなので、経験がある依頼・代行先を選んだ方が安心度は高いといえます。

また、Web媒体だけではなく、紙媒体で長いキャリアがあるところであれば安心感はさらに高く、取引先とのスムーズな連携にも期待ができます。

ポイント4.専門性があるか

専門性とは取材ライティングの実績という意味ではなく、取材対象となる分野、業界についての専門知識ということです。
たとえば、サッカー選手に取材をするとした場合、「サッカーの知識が全くない人」と「サッカーに興味がある、もしくは実際にサッカーをやっている人」がいたら、当然後者の方が良い取材ができます。

もちろん、サッカーの知識がなくても的確な取材ができる人もいますが、一般的に考えれば専門知識があった方がより読者目線での取材が可能です。

コンテンツの質をさらに高める2つのポイント

取材・インタビュー記事の実績があり、案件に関する専門性がある依頼・代行先であれば、マッチング度はかなり高いといえます。
ですが、コンテンツの質を高めるためのポイントも2つありますので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

メディアや媒体の仕組みをしっかりと理解している

Webのオウンメディアには、「メディアを使って何をしたいのか」という目的が存在するとともに、検索エンジンを集客軸にしているのか、それともSNSなのかといった仕組みがあるものです。
そして、こういった仕組みを理解している場合としていない場合では、記事の品質が大きく変わってきます。

たとえば、検索エンジンを集客軸にしているメディアの場合はSEO対策が必須となり、記事が検索上位に上がってこなければ目的を達成することはできません。
さらに、アルゴリズムのアップデートなどで表示順位が変わることもあるため、単に良い記事を書けば良いというわけではないのです。

そのため、メディアや媒体の仕組みを理解したうえでライティングしてくれる依頼・代行先を選ぶと、記事の品質だけではなくメディアの目的も達成することができます。

マーケティングを意識したライティングができるか

近年ではコンテンツマーケティングが普及しており、多くのメディアが「マーケティング」を目的としています。
コンテンツマーケティングとは、メディアを通じて集客を行いその記事から収益を生み出すというもので、読者がサービスや商品を購入してくれるような導線づくりが重要です。

これは取材・インタビュー記事にも同じことがいえ、読者をうまく誘導するために以下のようなライティングが求められています。

  • 目的:読者にどうしてほしいのかを理解し、うまく誘導できてきる
  • 手段:マーケティング戦略を理解し、最適な戦術を選択している
  • ペルソナ:ターゲットとなる読者にいて理解し、有益な内容になっている
  • プラットフォーム:集客を行う軸を理解し、それに対する対策がとられている

つまり、メディアの集客軸をしっかりと理解するとともに、マーケティングを意識してライティングができる依頼・代行先を選べば、コンテンツの質をより高めることができるのです。

取材ライティングの質だけでなく、成果まで出してくれる依頼・代行先を選択しよう

取材・インタビュー記事のライティング依頼にはさまざまなトラブルがつきものですが、依頼・代行先選びを慎重に行うことでトラブルは回避でき、さらにコンテンツの質を上げることができます。

トラブルに関しては個人で仕事を請け負っているフリーランスに比べ、複数人のスタッフが在籍する企業の方が安心度は高めです。
しかし、取材・インタビュー記事では実績や専門性も重要なポイントとなりますので、取材記事の実績があり、尚且つ案件に関する専門性を持っている企業を選ぶようにしましょう。
さらに、メディアの仕組みやマーケティングを意識したライティングができればコンテンツの質も上げることができます。

弊社では高品質な記事はもちろん、メディアの目標達成に向けたライティングができるような体制を整えております。
また、ライターだけでなく編集プロやコンテンツディレクター、マーケターといった専門性の高いスタッフが在籍しており、専門性の高い特殊なライティングにも対応が可能です。
ライティングの依頼・代行先でお困りの際は、見積もりからでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

オウンドメディア構築・運用LPバナー

【無料】現場でも使っている取材用企画書ダウンロード

現場で使える取材の企画書のサンプルご用意しました

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧