選りすぐり!
企業のブランドメッセージ
30連発!!

選りすぐり!企業のブランドメッセージ30連発!!ページのイメージ画像

キャッチコピーはインパクトのある簡潔な表現で、人々を振り向かせる言葉です。

商品やエンターテイメントなど、さまざまなモノやコト、ヒトの宣伝に使われてきました。なかでも、企業のキャッチコピーはその経営理念やお客様に対する想いを伝え、何よりブランドイメージを形づくる大切なものです。

企業をひとりの人間として考えた時に、どのような口調で、どのような言葉を話すのか?これが良いキャッチコピーを作成する際のポイントになると言われます。

具体的に人々の心に残るフレーズには、どのようなものがあるのでしょう。選りすぐりの30本をご紹介しますので、ぜひ、ご参考になさってください。

弊社のコンテンツマーケティング支援でお客様の課題に提供したソリューション実績をご紹介

1. 資生堂

「一瞬も一生も美しく」

ブランディングとは、企業の「らしさ」を作ること。このキャッチコピーは非常に品があり、まさに資生堂らしいと言えるでしょう。「美しい一瞬が、美しい一生をつくる」という意味でもある言葉は、コピーライターの国井美果さんによって生み出された名作です。

資生堂、新コーポレートメッセージを策定

2. ミツカン

「やがて、いのちに変わるもの。」

人間が生きていくうえで欠かせない、食べ物。それを作っているのがミツカンであることが静かに伝わってきます。「いのち」と、漢字でなくひらがなで書いてあるのもやさしく、さりげない。作者は岩崎俊一さん。あたたかく、人間味あふれる言葉をたくさん生み出した、名コピーライターです。

ミツカンについて

3.大成建設

「地図に残る仕事。」

国内でも有数の大手建設総合会社らしい、力強く広がりのあるキャッチコピーです。企業の仕事の内容を端的に表すと同時に、大きなリクルート効果もある点が非常に優れています。地図に残るような大規模な建設に携われると言われたら、多くの若者は惹きつけられることでしょう。

『大成建設/地図に残る仕事』15段 新聞広告シリーズ

4.カルピス

「カラダにピース。」

キャッチコピーは読むだけではなく、目で見て印象に残ることも大切です。この言葉は人々の健康をサポートする企業の理念を表すとともに、視覚的にもカルピスを連想させます。さらに、カルピスと語呂が合ってリズム感もよいので、思わず口ずさみたくなりませんか?

カルピス(株) 『CSRレポート 2015』 発行

5.トヨタ自動車

「START YOUR IMPOSSIBLE」

グローバル企業として新たな一歩を踏み出した時に、書かれたキャッチコピーです。日本有数の大企業の地位を固めながら、常に新しいことへのチャレンジを忘れない企業姿勢。さらに、絶え間なく挑戦する人々を応援する言葉にもなっています。

トヨタ自動車、グローバル企業チャレンジ「Start Your Impossible」を開始

6.LUMINE(ルミネ)

「わたしらしくをあたらしく」

尾形真理子さんによる、女性の心の機微を的確に言い表したキャッチコピーが話題のルミネ。その企業スローガンも秀逸です。等身大の女性の新たな魅力を引き出す場であることを、「わたしらしく」と「あたらしく」という似た言葉を組み合わせて、語呂良く表現。人々の記憶に残りやすい形で訴求しています。

LUMINE 会社情報

7.タワーレコード

「NO MUSIC NO LIFE」

もともとは「NO PAIN NO GAIN(痛みなくして、得るものなし)」という英語の格言をアレンジしたキャッチコピー。このような作成法を「本歌取り」と言います。直訳すると「音楽がなくては、生きていけない」という意味でしょうか。海外のポップカルチャーに興味を持つ、ターゲットの心をつかむフレーズです。

NO MUSIC, NO LIFE.

8.マクドナルド

「i’m lovin’ it」

「i’m lovin’ it」とは「私のお気に入り」という意味。いかにも、ファストフードらしい親しみやすさがありますね。マクドナルドが世界中の人々にとって身近に寄り添う存在であることを、端的に表したキャッチコピーです。ポイントはloveを現在進行形にしていること。これによって、躍動感あふれる印象を生み出しています。

知ってる?あの頃のマクドナルド

9.株式会社ロッテ

「お口の恋人」

知らない人はいないほど有名なキャッチコピーですね。ロッテの社名は名作『若きウェルテルの悩み』のヒロインであるシャルロッテの名に由来。「お口の恋人」という言葉には、永遠の恋人として知られる彼女のように、愛される企業でありたいとの願いが込められています。人々の甘いひと時に寄りそう、企業のイメージにピッタリです。

社長メッセージ|ロッテについて

10.電通

「キミが、感動のタネになる。」(2015年新卒採用)

「自分が人に大きな感動を与えられるかもしれない」と、希望に満ちた就活生の心を刺激。さらに、深読みすると「電通がそのタネを育てます」という意味も含まれる、非常に計算された言葉です。まさに国内最大手の広告代理店で、数多くの優れたクリエイティブを生み出している電通ならではのキャッチコピーと言えるでしょう。

11.ニトリ

「お、ねだん以上。ニトリ」

ニトリのモットーは、安くても高品質な商品を提供すること。その思いを、ダジャレでユーモラスに伝えているのが「お、ねだん以上。ニトリ」です。お客のつぶやきのようにも、「お値段以上」という意味にもとれ、見事にダブルミーニング(1つのコピーに2つの意味を込めること)に成功しています。

12.味の素

「あしたのもと AJINOMOTO」

このキャッチコピー、なんと言っても社名と似た言葉を使ったことが秀逸。それよって、とても印象に残りやすくなりました。料理をよりいっそうおいしく引き立て、明日への活力を作る味の素の調味料。この、なくてはならない魅力をとても上手に表現した名作です。

スタイルの継続が広告効果をつくる 味の素 島崎紘而氏

13.コスモ石油

「ココロも満タンに、コスモ石油」

「ココロ」と「コスモ」が呼応しあう共鳴するような書き方が印象的です。さらに、「満タン」という言葉がいかにもガソリンスタンドらしく、Good!お客様に充実したサービスを提供し、その満足を追求する企業姿勢をシンボル的な言葉で表しています。

グループで目指す「ココロも満タンに」の具現化

14.サントリー

「水と生きる」

良質な水がなくては商品が作れない、という思いが込められたキャッチコピーです。さらに、企業理念である「人と自然が響きあう」から派生した言葉です。シンプルでありながら、静かで力強い佇まい。「水」という言葉から醸し出される透明感あふれる印象が、サントリーの企業イメージにぴったりと合っています。

サントリー 水と生きる

15.株式会社ファーストリテイリング

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」

株式会社ファーストリテイリングは、ユニクロなどを展開する衣料小売大手。ユニクロはファストファッションの先駆け的な存在で、社会現象にまでなりました。まさに、大きく飛躍し続ける企業にふさわしいスケール感を持ったキャッチコピーと言えるでしょう。

世界を良い方向に変えていく – 株式会社 ファーストリテイリング

16.日本食研

「味の作曲家」

晩餐館シリーズの焼き肉のたれをはじめ、ハンバーグソースなどさまざまな調味料を販売する日本食研。「食と文化のハーモニーを奏でる」というコンセプトを見事に表したキャッチコピーです。アイデアとは、異質なもの同士の組み合わせ。まさに「味」と「作曲家」という異なるジャンル言葉が化学反応を起こして、印象深いものになっています。

「日本食研」のヒミツ – FMK Morning Glory

17.株式会社イムラ封筒

「Give& Give& Give」

このキャッチコピーの後ろに「全ての人に最高の付加価値を届け続ける」という言葉が続きます。「Give&Take」はよく聞かれますが、すべてGiveを重ねることで力強さが生まれ、お客の利益を第一に考える企業の熱い思いが伝わってくるようです。イムラ封筒は国内最大手の封筒メーカーで、トップシェアを誇っています。

社長挨拶|企業情報|株式会社イムラ封筒

18.セブンイレブン

「セブンイレブン、いい気分」

現在は「近くて便利」という言葉に変わりましたが、それまで長い間親しまれてきたキャッチコピーがこちらです。コピーは意味だけではなく、音も大切。韻を踏んだ、楽しくリズミカルな言葉が覚えやすく、印象に残ります。思わず口ずさみたくなる点も流通性があり、広く世に知れ渡る効果を考えられた秀逸なキャッチコピーと言えるでしょう。

19.リクルート

「まだ、ここにない、出会い。」

リクルートのロゴデザインのモチーフは「架け橋」。〝人と機会〞、〝いまと未来〞などをつなぐ存在になりたいという企業の願いが込められ、キャッチコピーにもそれは表れています。就・転職活動の支援を通じ、人と企業の良い出会いを提供することで未来を明るく変えていく。そんな思いさえも伝わる広がりのある言葉です。

リクルートロゴ・コーポレートメッセージについて

20.株式会社トンボ鉛筆

「これからも人間のそばを離れない」

〝人間のそばを離れない〞という言葉に、社名になっている昆虫のトンボの視点を感じさせます。まさにこの企業ならではのユニークなキャッチコピーです。ずっと人々の生活に寄りそう存在でありたい、という企業の願いがちょっぴりおかしく、でも、とてもあたたく伝わってきます。トンボ鉛筆の100周年記念サイトに掲載されました。

トンボ鉛筆 | 創立100周年記念サイト

21.キッコーマン株式会社

「おいしい記憶をつくりたい。」

食品会社のキャッチコピーでいちばん多く使われるのは、やはり「おいしい」という言葉ですが、それだけにありきたりな表現になりがちです。しかし、「記憶」という言葉と結びつけることによって、印象深い言葉になりました。確かにおいしい食事は、大切な人たちとの楽しい思い出をたくさん作りますね。食が大きなコミュニケーションツールであることを改めて感じさせてくれます。

キッコーマングループ 企業情報サイト|キッコーマン

22.合同会社 西友

「安いクセして。」

なんともユーモラスで強烈なインパクトがありますね。本当に無駄のない言葉で、価格の低さを強調すると同時に、品質の高さも訴求する優れたキャッチコピーです。西友は他にも「カカク、ヤスク」「ゼッタイ鮮度」など、一度目にしたら忘れられないような言葉を数多く制作。〝インパクトがある=記憶に残る〞ということを見事に体現しています。

安いクセして。 | SEIYU – 西友

23.かんぽ生命保険

「人生は夢だらけ」

主力保険が「終身医療保険」や「歳満期養老保険」「年金保険」など、まさに「人生」にずっと関わるものが多い同社。人生100年時代。これまで以上に長く、たくさんの可能性に満ちた人生を応援し続ける姿勢を、押しつけがましくなく、ポジティブな言葉で表現。

かんぽ生命 新企業広告「人生は、夢だらけ。」をスタート 

24.シャープ(家電)

「目指してる、未来がちがう。」

シャープというと「目の付けどころがシャープでしょ」というキャッチコピーがあまりに有名ですが、2010年より変更。ただし、変更後もメッセージの本質自体は変わらず、「ほかの会社とは異なったビジョンを持っているのだ」という自負をうかがわせる、力強さが感じられます。

新スローガン “目指してる、未来がちがう。

25.講談社(出版)

「おもしろくて、ためになる」

戦前から青少年向けの雑誌・書籍を多数出版してきた歴史を持つ講談社。このキャッチコピーには、学歴社会から弾かれた若者に娯楽を提供してきた、会社の歴史が込められています。創業から数十年が経った現在も、漫画から学術文庫まで多くの出版物を取り扱っており、キャッチコピー通りの会社であり続けています。

講談社 2019年度定期採用サイト[おもしろくて、ためになる]

26.NIKE(スポーツ用品)

「JUST DO IT.」

アメリカの死刑囚の発言からインスピレーションを得たとされるキャッチコピー。「いいからやれ!」「ためらうな!」という意味であり、少々乱暴な印象も。しかし、厳しいトレーニングを積んでいるアスリートにとってはドンと背中を押してもらえる言葉になっており、スポーツアイテムを多数展開しているNIKEらしさが表れています。

27.日立製作所(家電)

「Inspire the Next.」

CMなどで必ず企業名とともに発信され、多くの人の記憶に残るフレーズです。「次なる時代に息吹を与える」という意味であり、企業の姿勢を端的に発信しています。たとえ英語であったとしても、強いメッセージ性があればインパクトのあるキャッチコピーは作れるという、良い例ですね。

海外で「Inspire the Next」統一企業広告キャンペーン 

28.リーバイス(アパレル)

「Quality never goes out of style.」

言葉の意味は、「良質は決して流行遅れにはならない」。世界最古のジーンズブランド・リーバイスだからこそのブランドメッセージといえます。流行の移り変わりが激しいアパレル業界で、自分たちは絶対に時代遅れにならないという自信と、安易に流行に乗らないという確固たる信念が感じられるキャッチコピーです。

29.日産自動車(自動車)

「やっちゃえ日産」

ミュージシャン・矢沢永吉を起用したCM効果もあり、日産と聞くとこのフレーズが頭に浮かぶ人が多いはず。「やっちゃえ」というネガティブなイメージを抱かれかねないフレーズをあえて使用することで、企業として挑戦していく姿勢、勇気を持って進んでいく姿勢を明確にしているのが分かりますね。

30.マイクロソフト(ソフトウェア)

「Your potential. Our passion」

世界屈指の大企業が掲げるキャッチコピーであり、意味は直訳すると「あなたの可能性。私たちの情熱」。世界中すべての人が持っている無限の可能性を引き出すべく、各国で人材育成の取り組みを熱心に行っているマイクロソフトらしい、壮大なフレーズです。

 

 

今回紹介したキャッチコピーは、いずれも各企業が自信を持って作成したものばかり。いずれも短いフレーズでありながら、見た人の心をがっしりつかみ、記憶に残り続けるキャッチコピーとなっています。こうしたキャッチコピーが企業のイメージを向上させ、ブランド構築の力となっていくのです。

コンテンツ企画制作LPバナー

【無料】コンテンツマーケティング支援実績、事例資料ダウンロード

信頼、購買、リピート この3つを獲得するための、ユーザーを満足させるコンテンツマーケティング事例をご紹介

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

Archive同じカテゴリーの記事一覧