なぜ動画活用の注目度が上がっている?
[課題解決例資料有]

なぜ動画活用の注目度が上がっている?[課題解決例資料有]ページのイメージ画像

ビジネスでの動画活用がどんどん高まっている今日このごろですが、どのような理由で注目度が高まっているかご存知でしょうか?

今回はその背景に注目していきたいと思います。
 
動画を活用してどんな課題を解決したいですか?
 

国内動画広告市場調査

国内動画広告市場調査

サイバーエージェント、国内動画広告の市場調査を実施

右肩上がりに伸びているのは一目瞭然ですね。内訳に注目してみるとPCは微増ですがスマートフォンにおける市場予測が大きく伸びています。

スマートフォンの普及

スマートフォンの普及

博報堂DYメディアパートナーズ 「メディア定点調査2017」時系列分析

身の回りの人でスマートフォンを持っていない人を探すことは難しいという人も多いのではないでしょうか。費用面でもスマートフォンを所有するハードルが下がってきており、もはやスマートフォンを持っていることが当たり前の時代となってきています。

メディア別の接触時間

メディア別の接触時間

博報堂DYメディアパートナーズ 「メディア定点調査2017」時系列分析

テレビの割合は依然として大きいですが、それに負けず劣らず伸びてきているのがスマートフォンとタブレットの接触時間です。日常生活でもスマートフォンに依存するシーンが増えてきているので今後の伸びも予想されます。

動画活用機会の増加

動画活用機会の増加

従来のテレビやDVDなどに加えて、YouTubeなどの動画共有サービスやデジタルサイネージ、eラーニングなどマスメディアとは違う動画の活用フィールドが増えてきています。

インターネットでの情報量の増加と消費

インターネットでの情報量の増加と消費

我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量に関する調査研究結果(平成21年度)―情報流通インデックスの計量―

流通している情報量の増加が顕著です。消費情報量も伸びてはいますが、グラフの縦軸の1メモリが流通情報量は1000ですが、消費情報量は50で伸び率が違います。消費が流通に追いついていないことがわかります。

より多くが伝わる情報伝達力と記憶への高い定着力

より多くが伝わる情報伝達力と記憶への高い定着力

The Learning Pyramid

ただのテキストと動画を比べるとどちらの方が情報量が多いかは歴然だと思います。1分の動画は180万文字の情報量に相当すると言われています。

また、動画はテキストよりも記憶に残る定着力が大きいと言われています。テキストの定着率は10%ですが、Audio-Visualはその倍の20%となっています。

仮想現実という新しい世界

仮想現実という新しい世界

テクノロジーの発展で、コンピューターの中に作られた仮想的な世界(virtual reality)をあたかも現実のように体験することが可能になりました。疑似体験という新しい表現に動画を活用することで、伝える力をよりいっそう高くすることができます。

何のための動画活用なのか

市場の盛り上がりや新しい表現方法も出てくる中で、流行りに注目するのはよいことですが、動画活用の目的を明確にしないと「やってみたけど成果が出なかった…」という結果に繋がりかねません。

解決したい課題を明確にして、目的にあった動画を制作しプロモーションすることが重要になってきます。動画にご興味がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。もしかすると動画活用が、貴社の現状の課題を解決できるかもしれません。

【無料ダウンロード】マーケティング戦術としての動画という選択肢

動画がマーケティング戦術の主役に

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

プライバシーポリシー

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archiveこの記事と同じカテゴリーの記事一覧

プライバシーポリシー

×閉じる