【SNSマーケティング】
複数のSNSを活用した
Web集客の作業効率を上げる方法

【SNSマーケティング】複数のSNSを活用したWeb集客の作業効率を上げる方法ページのイメージ画像
投稿者:河島 美津雄

Webサイトへの集客を促す方法として、SNSを活用することはもはや当たり前になっているのは皆さんもご存知かと思います。

  • facebook
  • twtter
  • linkedIn
  • instagram
  • Line@
  • Google+
  • Snapchat

様々なSNSが溢れかえっています。

SNS多すぎ…

でも全部対応する必要はありません。何故だかおわかりでしょうか?

自社のお客様について考える

上記以外にもSNSはたくさんあり、日本ではあまり馴染みの無いものもあります。これは国というカテゴリで考えていますが、そのまま顧客レベルで考えると活用すべきSNSがみえてきます。

自社のお客様はどのSNSを使っているのでしょうか?自社のビジネスがBtoB向けなのか、ターゲットの年齢層は高いのか低いのか、どのような趣味嗜好なのかを考えてみてください。もし自社やサービスのペルソナ(理想の顧客)を作っている方は想像しやすいでしょう。

活用するSNSがきまったら

早速、投稿していきましょう。といきたいところですが、いくつのSNSを活用しますか?一つなら問題ないですが、複数ある場合はそれぞれのSNSの画面に行ってから投稿…とちょっと面倒くさいですよね。

この手間を効率化できるツールをご紹介できればと思います。無料プランから使えるので是非使ってみてください。

Buffer

とてもシンプルです。活用するSNSのアイコンをアクティブにして、投稿するメッセージを入力して投稿するだけです。例えば4つのSNSを活用するといった場合でも、投稿は1回で済ませることができます。予約投稿機能も備えています。

Buffer

また投稿だけではなく、それぞれの投稿の「クリック」や「イイね」などのリアクションがどれだけあったのかの分析もできます。

複数のSNSを活用したWeb集客の作業効率を上げる方法まとめ

誰のために、どのSNSを活用するのかを決めて、複数のSNSを活用するならツールの導入を検討しましょう。

そもそも、SNSで投稿するブログなどのコンテンツがない!という方は、コンテンツ支援も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

オウンドメディア構築・運用LPバナー

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧