YouTubeでヒートマップ解析機能
渋谷ハロウィンの注目度はどこ?

YouTubeでヒートマップ解析機能。渋谷ハロウィンの注目度はどこ?ページのイメージ画像
投稿者:kosumi yutaka

渋谷に勤務してそろそろ4年目。個人的に撮影してみたい渋谷のイベントがありました。それは10月末に行われるハロウィン。

昨年2017年のハロウィンは退勤後に道玄坂上からスクランブル交差点へ帰宅途中に歩行者天国のハロウィンに遭遇できるタイミングがあったのでRICOHの360度カメラが会社にあったので撮影決行。編集は無しで撮って出しでYouTubeにアップロード。YouTubeが見たい画面を操作できるように360度対応フォーマットに変換してくれるので簡単です。

月日は流れYouTubeアナリティクスをみていたら「360°ヒートマップ 新着」という見慣れない表記。

 

作った動画を確実にみてもらえる動画広告表示保証サービスについて資料をご用意しました

 

 

 

クリックしてみると、

 

 

ユーザーがどこを選択しているのかヒートマップで解析していました。(360度動画のみ対応)

昨年のリリース時はPVが1000以上ある360度動画で利用可能な機能でしたが緩和されたのか300回再生の動画でも解析してました。

ハロウィンなので目立つコスチュームに注目度が集まっている傾向。

webサイトのヒートマップ等アクセス解析をしている担当者に言わせると「すご!」だそうです。

今後VRや360度動画コンテンツの制作機会も増えてきそうなのでこの解析機能が、

どの業種のお客様へ何のコンテンツが最適か考えて作ると運用面で価値が発揮できそうです。

 

今年のハロウィン撮影はもう少し画質がアップしたカメラで再度トライしてみたいと思います。

動画広告表示保証サービスの仕組みと実績をご紹介

作った動画を確実にみてもらえる動画広告表示保証サービスについて資料をご用意しました

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

kosumi yutakaのサムネイル写真

kosumi yutaka

映像コンテンツ制作 マネージャー

写真は娘と。現在の旬は「VR」
デザイナーとしてキャリアをスタート。ブライダル業界で映像ディレクターとして活躍後、動画マーケティングに興味を持ちWeb業界へ。 制作フェーズからコンサルもできる人材へシン・ゴジラでいう第三形態ぐらい。最終形態は茶人になりたいです。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧