目的・求める成果に適した
コンテンツ制作

目的・求める成果に適したコンテンツ制作ページのイメージ画像
投稿者:河島 美津雄

「Webコンテンツ」と聞いてまっさきに思い浮かぶのは、Webのページや記事・ブログなどのコンテンツではないでしょうか。もちろん、それらはコンテンツとしてとても重要であることに間違いはありませんが、目的や成果を考えるとWebコンテンツが最適ではない場合もあるのです。
ここでは、コンテンツとしてどのような手段があって、欲しい成果に合わせてどの手段を活用するべきかという考え方についてご紹介します。

弊社のコンテンツマーケティング支援でお客様の課題に提供したソリューション実績をご紹介

 

コンテンツが活用できる手段

コンテンツは、Webのページや記事・ブログといったパソコンやスマートフォンのブラウザで閲覧するもの以外にも、デジタルデバイスを通してコンテンツを届けるものや、オフラインで伝えることができるものなど、さまざまな手段があります。

もし、オウンドメディアのWebコンテンツを制作したい場合は、検索エンジンの順位でより上位にランキングされるよう、SEO対策などの最適化が必要になりますが、選ぶ手段によって最適化する方法も異なります。
そのため、SEOだけにとらわれること無く、それぞれの手段(プラットフォーム)に適した最適化をしていく必要があるのです。
また、コンテンツの中身も文字だけではなく、写真や映像、音声、インフォグラフィックなど、活用シーンによって最も伝わりやすいものを選ぶようにしましょう。

Webページ・記事・ブログ

Webページ・記事・ブログ

自社などで所有している媒体で、主体的にコンテンツを発信できるのがWebページや記事、ブログといった手法になります。サービスや会社の紹介のほかにも、継続して投稿する記事やブログ、ニュースリリースなど、公式サイトを含むWebサイトを活用することができ、オウンドメディア制作に最適だといえるでしょう。

もし、ライティング依頼・代行会社を探している場合は、信頼できる業者の選び方についてもご紹介しています。

事例・レビュー・口コミ

カスタマーレビューやお客様事例、導入事例、口コミなど、ユーザーの感想や評価をコンテンツにするという手法です。この手法は、自社商品やサービスを提供する場合にとても有効で、ユーザーにとってのメリットが非常にわかりやすくなります。お客様の声(事例コンテンツ)の取材・インタビューの作り方・活かし方はこちらのページでご紹介しています。

SNS

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを使って情報発信をする手法で、Googleなどの検索エンジンとは違うプラットフォームを使用します。各プラットフォームによって投稿できるコンテンツやユーザーの属性も異なるので、どのSNSを活用するのが効果的なのか、最初のプラットフォーム選定が重要だといえるでしょう。

Email

Email

保有するメールアドレスにコンテンツを届けるという手法です。近年ではSNSの活用が主流となっていますが、ビジネスシーンにおいてはメールの活用がメインだといえます。メールの活用シーンは減っていると思われがちですが、マーケティングオートメーションなどのデジタルツールの活用により、むしろ増えているといって過言ではありません。

動画・動画プラットフォーム

コンテンツを映像にして視聴者に届けるという手法になります。動画は文字や写真と比べて伝えられる情報量が多く、近年におけるスマートフォンの普及やインターネット環境の向上により、動画を活用する市場が急速に伸びてきているのが現状です。
また、急速に進化を遂げているテクノロジーの影響で、最近ではインタラクティブ動画の活用幅も広がりを見せています。

音声・ポッドキャスト・インターネットラジオ

こちらは、コンテンツの情報を音声にして伝えるという手段になります。現代ではなかなか聞く機会がなくなったラジオも、最近ではインターネットラジオとして再び注目を浴びていますし、個人でも気軽に配信がでるポッドキャストや、AIを活用したスマートスピーカーなどの新しいデバイスで音声を活用したりと、音声でも効果的にコンテンツを届けることが可能です。

登壇・プレゼンテーション・デモ・セミナー・ウェビナー

登壇・プレゼンテーション・デモ・セミナー・ウェビナー

企業や担当者がコンテンツの情報を直接届ける手法になるため、発信する人の信頼や語り口調・説明のわかりやすさなどがユーザーへの情報伝達に大きく影響します。
語り手の表情や声のトーンで感情を表現することも可能。オフラインのリアルなプレゼンテーションなどでは、映像では伝わらない現場の雰囲気などもコンテンツとして活用することができます。

本(書籍)・Ebook

テーマが一つの物(本)であったり、ファイル(PDFなど)としてコンテンツが完結しているものをいいます。Web上にある情報は、あくまでインターネットを介さなければ情報を閲覧することができませんが、電子書籍を含む本やeBookは、本棚やデバイスに情報を所有することができるというのが特徴なので、ネット環境に関わらず情報を届けることが可能です。

ホワイトペーパー・調査レポート

ホワイトペーパーとは「白書」のことで、もともとは政府などの公的機関の報告書や調査レポートことを指していました。しかし、近年では顧客となりうる見込み客獲得のために企業が活用するツールにもなっており、ビジネスで活用できる調査や統計などをまとめた情報アウトプットの一つの形態といえます。

プレスリリース

新聞や雑誌、オンラインメディアなど、自社の経営やサービスなどの情報発信をマスコミやメディア向けにする場合に活用します。プレスリリースの内容に注目が集まれば取材の依頼が来たり、有名メディアで取り上げられたりするため、成功すれば大々的な情報発信が可能となります。

チラシ・DMなどの紙系販促ツール

業界や活用シーンによっては、オンラインではなく「オフライン」の方が効果が出やすいという場合がありますので、オンライン・デジタル活用が盛り上がっているからといって安易に便乗するのはおすすめできません。
たとえば、主婦や高齢者をターゲットにしている場合は、新聞の折り込みチラシやDMといった紙系の販促ツールの方が目に留まりやすいこともあります。もちろん人にもよりますが、デジタルマーケティングとオフラインの施策を組み合わせることによって、さらなる効果が期待できることもあるのです。

広告

広告

オンライン・オフライン、デジタル・非デジタルを問わず、費用をかけて人の目にふれるところにコンテンツを提供する手法をいいます。近年のオンライン広告では性別・地域・趣味嗜好など、さまざまな属性で広告を表示させるユーザーをターゲティングできるので、効果的に広告が出せるようになってきました。

手段を効果的に使うための4つのポイント

ここまでたくさんの手段を紹介しましたが、これらすべてを実施する必要はありません。あくまでも自社のコンテンツに合った手法を選ぶべきで、どれを活用するかはコンテンツの内容やターゲット層によって異なります。
また、どの手段を活用するべきかは以下の4つのポイントを決めることによって絞ることが可能です。

発信手法を選ぶ4つのポイント

  • 誰に向けて
  • どこに
  • どのようなコンテンツを
  • どのタイミングで

そして、4つのポイントを定めるためには次の2点を明確にする必要があります。

ペルソナ

ペルソナ

ペルソナとは、提供する製品やサービスに対する「理想の顧客像」のことです。
もう少し具体的にいうと、理想の顧客像そのものというよりは既存顧客の情報やインタビュー、調査データなどをもとに描く「架空の理想顧客」であり、このペルソナの設定はコンテンツマーケティングにおいて必要不可欠といっても過言ではありません。

ペルソナのような理想像を設定しておくと見込客に対するピンポイントなコンテンツを提供できるほか、見込客の購買行動プロセスが明確になるため、コンテンツを提供するべきメディアやタイミングを計算することが可能です。

カスタマージャーニー

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーとは、ペルソナの行動や思考、感情を時系列で見える化したものをいいます。
明確なペルソナの設定ができたらまずはジャーニーマップのゴールを定義し、問い合わせなのか、それとも購入なのかなど、ペルソナが最終的にどうなってほしいのかを決めていきます。その後、認知や興味、関心、比較検討、購入などのプロセスを置き、これらにタッチポイント、行動、思考、感情などを照らし合わせることで、課題と対策をマッピングしていくのです。

少々面倒に思えるかもしれませんが、カスタマージャーニーを作成することで顧客を深く理解することができ、企業目線ではなく顧客目線での発想が可能となります。また、マーケティング活動においての意思決定が迅速かつ的確になるため、ペルソナ同様に重要な作業だといえるのです。

【まとめ】求める効果から逆算して手段と内容を吟味しよう

コンテンツマーケティングでは、コンテンツの制作が目的にならないよう注意することが大切です。そのためには、顧客となりうるユーザー像とプロセスの明確化が重要となり、どれくらいの成果を望むかによってコンテンツの制作量も変える必要があります。

また、その際には目標の達成度を推し量るための「KGI(Key Goal Indicator)」や、最終目標を達成するためのプロセス評価指数「KPI(Key Performance Indicator)」の設計も必要で、情報発信手段が目的にならないように設計をすることも大切です。

弊社では、コンテンツ制作はもちろん、コンテンツマーケティングにおける事業支援などの体制が整っているので、全体の設計からコンテンツの制作まで幅広いアドバイスを行っています。そのため、コンテンツの制作方法がわからない方や、コンテンツマーケティングで確実に成果を出したいという方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。

オウンドメディア構築・運用LPバナー

【無料】コンテンツマーケティング支援実績、事例資料ダウンロード

信頼、購買、リピート この3つを獲得するための、ユーザーを満足させるコンテンツマーケティング事例をご紹介

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧