信頼できる
ライティング依頼・代行先の探し方

信頼できるライティング依頼・代行先の探し方ページのイメージ画像
投稿者:河島 美津雄

コンテンツマーケティングでは、記事の中でメッセージやストーリー、コンセプトをしっかりと伝えることが重要です。しかし、こういった質の高い記事をつくるのは意外とむずかしく、「発注しているライターの質が悪い」「記事を書くだけで成果に繋がっていない」などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。高品質で成果につながる記事ライティングに必要な3つの要素についてはこちらのページで紹介しているので、後ほどこちらも参考にしてください。

このページでは、ご自身に最適なライティングを作成してくれるパートナーの選び方について紹介します。

 

弊社のコンテンツマーケティング支援でお客様の課題に提供したソリューション実績をご紹介

 

ライティングを請け負える代表的な業者例

ライティングを請け負う業者は、主に「フリーライター」「クラウドライター」「ライティング専門の会社」の3種類に分類することができます。
まずは、それぞれの特徴についてみていきましょう。

フリーライター

フリーライターとは、フリーランスとしてライティングを請け負っている人のことをいいます。特定の企業に属しているわけではないので、ライティングを依頼・代行する場合はフリーライターに直接連絡を取るのが一般的です。フリーライターを探す際はインターネット検索や知人からの紹介、ライター向けの交流会などに参加するといった行動を取る必要があり、少々手間がかかります。

フリーライターとして長年活躍されている方の場合は、これまでの実績はもちろん、仕事に対しての信頼性もあるので、ライティングのクオリティにはある程度の安心感があります。ただ、何でも対応するというよりはそれぞれの得意分野で勝負をしていることが多いため、100%依頼・代行を受けてくれるとはかぎりません。

クラウドライター(クラウドソーシング)

クラウドソーシングに登録して活躍しているライターです。文字単価が低い方もいるのでコストを重要視する依頼・代行や、企業に依頼しても断られやすい極少量の依頼でも請け負ってくれます。ただ、ライターとして活動し始めたばかりの方もいるので、期待通りの品質が上がってこないこともあります。クラウドソーシングは仲介なので直接ライターと契約するよりは費用が高くなるケースがあります。

ライティング専門の会社

ライティング専門の会社というのは、その会社に所属しているライターがライティングを行ってくれるというサービスで、クラウドソーシングよりも質が高いという特徴があります。また、条件を細かく設定することも可能ですが、その分費用が高めなのが一般的です。

そして、ライティング専門の会社にもさまざまな種類があり、自分の目的に合った会社を選ぶことが必要になります。そのため依頼・代行する際には、各企業のWebサイトで特徴や実績、得意分野などをしっかりと確認するようにしましょう。

SEO系

コンテンツSEOの強化を目的としているライティングサービスなので、SEO会社が運営をおこなっているのがほとんどです。各社で培ったSEOのノウハウを活かしたライティングを提供していて、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを経由した集客には最適だといえるでしょう。

紙系編集プロダクション

主に書籍や雑誌、広告などの印刷物を作成している会社です。広告代理店や出版社などから委託を受けていることが多く、ライティング以外に印刷に関する知識やノウハウが豊富なのが特徴です。どこまでの業務を請け負うかは会社や案件によって違い、SEOやWebマーケティングについてのノウハウがやや弱いことがあります。

Web系編集プロダクション

紙系編集プロダクション同様、請け負う業務の範囲は会社や案件によって違いますが、こちらはWebコンテンツ作成を中心に手掛けている会社になります。会社によってはオウンドメディアの記事作成はもちろん、運用や編集、SEO対策、データ分析など、コンテンツマーケティングに関わる業務すべてを請け負ってもらうことも可能です。

Web制作系

Webサイトを作成する場合は、サイトをつくると同時に記事も必要になります。Web制作系では、基本的にサイトの作成部分を請け負っていますが、最近ではコンテンツのライティングまで請け負ってくれる会社も増えてきているようです。

クオリティと価格

ライティングのクオリティと価格は比例すると考えるのが一般的です。しかし、近年ではクラウドソーシングが登場したこともあり、低価格でそれなりのライティングを依頼・代行できるようになりました。クラウドソーシングでは、経験の浅いライターが執筆する場合や専門性の低い内容であれば安い費用でライティングを行ってくれ、文章としてのクオリティは比較的高い傾向にあります。

しかし、質の高いライティングは文章のクオリティだけではなく、コンテンツの分野や業界の特徴を理解した専門性も必要です。
たとえば、法律に関するライティング作成では、法律にくわしいライターでないと執筆するのがむずかしく、たとえ執筆できたとしても質が落ちてしまったり、誤った情報を公開したりする可能性が高くなります。そのため、ライティングのクオリティには専門性も大きく関連してくるのです。

専門性が必要となる主なコンテンツ

  • 法律関連
  • 医療関連
  • 翻訳
  • IT・テクニカル関連
  • プログラミング
  • 投資関連など

専門性が必要になるコンテンツもさまざまですが、その分野の専門性があるライターが少なかったり、読者の需要が質の高い内容だったりすれば、ライティング作成の価格は高くなりやすいといえるでしょう。

検索エンジンに配慮したチェック

ライティングの依頼・代行先を探す際には、まず検索エンジンに配慮した管理体制が整っているかをチェックしましょう。

コンテンツマーケティングでは検索エンジン、つまりSEOを意識することが非常に大切で、とにかく読者に読んでもらわなければ意味がありません。そのため、読者が検索したときにコンテンツが上位に表示されるよう、SEO対策をしっかりと行ってくれる会社を選ぶのがおすすめです。

また、SEO対策以外にもチェックするべきポイントがあります。

  • 原稿制作ガイドライン・トンマナレギュレーションがあるか
  • 誤字・脱字や誤表記、表記揺れなどを防止する文章校正ツールなどの工夫があるか
  • 日本語標準に準拠できる知識があるか
  • コピーコンテンツチェックができているか

依頼・代行する会社によってライティングのチェック体制は違いますが、上記4点については最低限確保したいところです。こういった体制は新人よりもベテラン、個人よりも組織の方が整えやすいといえますので、ぜひ依頼・代行先選びの参考にしてみてください。

マーケティング思考でライティング依頼・代行を考える

マーケティング思考

コンテンツマーケティングに使用するライティングを「単なる文書作成」として捉えている方も多いですが、ライティングこそが結果を出すための導線になります。そのため、コンテンツの目的や目標達成のプロセスのうちライティングはどの位置にあるのか、さらに読者の心理や欲求などをしっかりと考慮することが重要です。
つまり、コンテンツマーケティングで結果を出すためには、常に最終目的を明確にし、マーケティング思考でライティングの依頼・代行を考える必要があるのです。

マーケティングのプロセスとは

マーケティングにはさまざまなプロセスがありますが、一例として挙げると「AIDAM(アイドマ)」や「AISAS(アイサス)」、「インバウンドマーケティング手法」などがあります。それぞれ購買行動のモデルや手法が違いますので、ご自身のケースに最適なプロセスを理解しておくとよいでしょう。

AIDMA

AIDMAは、購買意思の決定プロセスを5段階に分けて考えるプロセスで、それぞれの頭文字を取ってAIDMAと呼ばれています。

  • 注目(Attention)
  • 興味(Interest)
  • 欲求(Desire)
  • 記憶(Memory)
  • 行動(Action)

5段階を集約して「認知」「感情」「行動」の3段階で考えられる場合もありますが、AIDMAは多くのプロセスモデルの基本にもなっているモデルです。

AISAS

インターネットを使用する人は、欲しい商品を事前に検索して商品の詳細を調査するのが一般的です。また、商品を購入した後は、インターネット上で商品を評価することも少なくありません。このように、インターネットを活用した消費行動のプロセスを盛り込んだのがAISASになります。

  • 注目(Attention)
  • 興味(Interest)
  • 検索(Search)
  • 行動(Action)
  • 共有(Share)

インバウンドマーケティング手法

インバウンドマーケティング手法

インバウンドマーケティング手法は、まず相手に合わせた有益なコンテンツで読者や顧客を惹きつけ、そこからWebサイトやブログに呼び込むというマーケティングモデルです。ターゲットがWebサイトやブログに来た後はEメールやチャットといったコミュニケーションツールを活用し、断続的な価値を提供することで信頼関係を構築します。親身にアドバイスをしたり、専門知識を提供したりすることで顧客満足度を高め、最終的な売り上げに結び付けていきます。

コンテンツディレクターがライティングとマーケティングをつなぐ

ライティングをする目的はコンテンツマーケティングを行い成果を出すことです。ライターだけでマーケティングを考慮し、媒体の方向性に沿ってコンテンツを作り続け、成果を出すにはさすがに荷が重いでしょう。コンテンツマーケティングをする上で重要なのは、コンテンツに対する役割(高品質ライティング代行の鍵 「体制・成果・顧客満足」)を明確にし、それぞれの領域でパフォーマンスを発揮することです。コンテンツディレクターは媒体に対しての方向性や質や成果に対して責任を負う役割を担っています(コンテンツディレクターに求められる役割とスキル)。

リソース不足を補う業者探しではなく、ともに成果を追い求めるパートナー探しを

パートナー探し

ライティングを依頼・代行する場合は、クオリティの高い文章力だけではなく、その分野の専門性やSEO対策、マーケティングモデルなども考慮したうえで依頼・代行先を選ぶ必要がります。そう考えるとむずかしく感じてしまうかもしれませんが、近年はライティング以外にもマーケティング戦略やオウンドメディアの構築・運用までサポートしてくれる会社が増えてきているので、これらを上手に活用するのがおすすめです。

まずは、対応範囲や実績・事例などを問い合わせて、ご自身が満足できるパートナーを探してみましょう。

オウンドメディア運用LPバナー

【無料】コンテンツマーケティング支援実績、事例資料ダウンロード

信頼、購買、リピート この3つを獲得するための、ユーザーを満足させるコンテンツマーケティング事例をご紹介

以下のフォームより、無料資料ダウンロードのお申込みをお願いします。

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧