「違和感を感じる」?
ライターが注意すべき、系統別重複表現例

「違和感を感じる」?ライターが注意すべき、系統別重複表現例ページのイメージ画像

ライティングを行う際は重複表現・重言に気をつける必要があります。こうした表現は日常会話でも使われることがあるため、ついつい使ってしまいたくなりますが文章としては間違いとなります。今回はそんな重複表現を系統別に紹介していきます。

皆さんはライティングの際に「頭痛が痛い」「違和感を感じる」など、こういった表現を使ってしまってはいませんか?ライティングでは上記のような重複表現・重言に気をつけなければいけません。こうした表現は日常会話でも使われることがあるため、ついつい使ってしまいたくなりますが文章としては間違いとなります。今回はそんなつい使ってしまいがちな重複表現を系統別に紹介していきます。いざという時に困ることの無いように、しっかりと覚えておきましょう。

重複表現・重言とは?

重複表現・重言とは、同じ意味の言葉を重ねて使用した修辞技法です。意味を強調したり語調を整えるためなどで用いられることがあり、会話などでもよく耳にすることがあるかと思います。こうした表現は必ずしも間違いという訳ではありませんが、一般的なライティングにおいては簡潔な言い回しが好まれるためこうした重複表現は避けた方が無難と言えるでしょう。

「びっくり仰天」「エンドウ豆」「過半数を超える」など、言葉の変化と共に定型句として定着しているものは、重複表現として認識されなくなりつつあります。しかし、報酬を得るための文章となるとそうした表現でもチェックされ、評価に影響する可能性があるため、可能な限り減らすよう心掛けておくと良いでしょう。

パターン別重複表現例

単語の中に修飾語の意味を含むパターン

修飾語とは他の文節を詳しく説明する文節のことです。その修飾語があることで重複表現となってしまうことがあります。その例として以下のような表現が挙げられます。

  • 馬から落馬する
  • 色が変色する
  • 全てを一任する

これらは「落馬」「変色」「一任」という言葉の中に、修飾語として使用している言葉の意味が含まれています。正しい表現としては修飾語を外し「落馬する」「変色する」「一任する」だけにしましょう。

単語の中に動詞や形容詞の意味を含むパターン

前述の「単語の中に修飾語の意味を含むパターン」と似ていますが、こちらのパターンでは動詞や形容詞の言葉と意味が重なってしまうものです。例として以下のような表現があります。

  • 頭痛が痛い
  • 挙式を挙げる
  • 違和感を感じる

これらは「頭痛」「挙式」「違和感」の中に、その後に続く動詞や形容詞と同じような意味が含まれています。しかし前述のパターンと少し違うのは、“それらの言葉だけでは文章にならない”という点です。そのため「頭痛がする」「挙式をする」「違和感がある」と文章を少し変える必要があります。

一つの表現の中で意味が被ってしまっているパターン

これは重複表現と思われにくく日常的にも多く使用されているため、意識していないと使ってしまう可能性が非常に高いパターンです。例として以下のようなものが挙げられます。

  • まずはじめに
  • だいたい○○くらい
  • 約○○程度
  • 一番最初/一番最後

日常生活でもよく目にしたり耳にすることがある表現ではないでしょうか?しかしこれらも重複表現です。「まず」と「始めに」、「だいたい」と「くらい」、「約」と「程度」、「一番」と「最初/最後」では意味が重複した言葉となります。同時に使用するのではなく、どちらか一方を使用するようにしましょう。

重複表現を減らしてスマートな文章を

重複表現は必ずしも間違った表現ではないため、日常で目にしたり耳にすることが多いものです。しかし、簡潔ですっきりとした文章が求められるライティングでは、冗長な印象を持たれてしまう重複表現はあまり好まれません。文章を書く際にしっかりと意識したり、書き上がった文章を見直したりしてスマートな文章とするように心がけましょう。

記事ライティングLPバナー

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

コンテンツデスク のサムネイル写真

コンテンツデスク

ライター

Webライティングに特化した制作ユニット。男性2名・女性3名による個性派ぞろいのチームで、さまざまなジャンルの記事制作を担当している。執筆実績のあるジャンルはファッション、美容、ウエディング、バイク、ライフスタイル、スポーツ、歯科、人材育成、不動産など多数。飲み会の盛り上げ役もお任せください。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧