コンテンツの信頼度を向上させる
“専門家による記事監修”の重要性

コンテンツの信頼度を向上させる“専門家による記事監修”の重要性ページのイメージ画像
投稿者:河島 美津雄

ネット上には日々膨大な数の情報が飛びかっています。医療系の情報や、レジャー、食、美容など、ネット上の情報共有なしに新しい動きや流行りをキャッチすることは難しいでしょう。しかしネット社会の中で情報の信憑性が問題視されていることも事実です。今回は情報の正確性や信憑性の担保、専門家の監修について詳しくご説明します。

問われる情報の正確性・信憑性担保の重要性

上記で、ネット上の膨大な情報にたいして正確性や信憑性が問われていると述べましたが、なぜ問われているのでしょうか?それは、専門知識のないライターが医療やヘルスケア、美容などについて情報を提供しているからです。

ネット上にある情報の実態

ライターに専門知識がない場合、すでにネット上にある記事を頼りに情報収集を行う人が多いはずです。得た情報を記事にまとめ、新しいメディアを通してネット上に流します。しかし、情報収集のさいに参考にした記事情報がそもそも不確かなものだとしたら、不確かな情報が新しいメディアを通してユーザーに届きます。そのため、記事を参考にしたユーザーは、症状を改善させるため「信憑性のない情報」を信じて行動を起こすことになるでしょう。

信憑性のない情報がもたらす危険性は「その情報が、ユーザーの生命や体に影響を及ぼしてしまうこと」です。

「質より量」から「量より質」へ

専門知識のないライターが執筆した「信憑性のない記事」がネット上に多く存在する理由は、メディアの多くが「質より量」を重視していたからです。確かに、多くの記事をネット上に投稿すればフォロワーや閲覧者が増え、そのメディアは拡大するでしょう。しかし、投稿している記事の情報内容が不確かだったり、信憑性がなかったりするとユーザーが間違った方法で対策をしてしまう危険性があります。

生命に関わる医療やヘルスケアの情報や、体に関わる美容系情報などの不確かな情報により、症状が悪化してしまったという実例もあり、結果的に記事を発信しているメディアの信頼度が低下します。

また、メディアが「質より量」を重視していることとは別に、ライターが「自分が書いた記事が症状改善に取り組んでいるユーザーに読まれる」という意識が低いことも原因の一つと考えられるでしょう。ユーザーは今抱えている症状を一日も早く治したいという想いで記事を読みます。記事を読んで「自分に合っていそう」と思える改善法などを試してみるユーザーは多くいるでしょう。そのため、記事情報には正確性、信憑性が必須となり、よりユーザー目線で「量より質」にこだわる記事が求められています。

「量より質」に焦点を当て、正確性と信憑性のある記事をユーザーに届けるにはどうしたら良いのでしょうか?

専門家との関わり方

ユーザーが求めている良質な情報は、「専門家や医師によって監修されている情報」です。

「信憑性のない情報を参考にして、対処法などを実践してしまう危険性がある」と聞くと、「どのような情報を信頼して参考にすればいいのか分からない。」と不安を感じているユーザーが多いでしょう。特に医療や美容に関わることならなおさらです。しかし、社会的に信頼のおける医師や専門家によって記事情報が監修されていることで、ユーザーは安心して改善法や対処法などを試すことができます。

原稿執筆

ユーザーが求める記事の正確性や信憑性を担保するため、ヘルスケアや医療、美容の専門家や医師に原稿執筆を依頼し、ライティングをしてもらう方法です。しかし、中にはライティングに慣れていない専門家もいるため、専門的知識が豊富なライターに依頼する場合もあります。

監修

専門家や医師に代わってライターが執筆する場合、ライター執筆後に専門家や医師が内容をチェックし、編集することを「監修」と言います。専門家や医師が監修することで、より高い正確性や信憑性を担保しながらユーザー目線の記事を制作することが可能です。

ユーザーが、専門家や医師が監修した記事を読み、実践して症状が軽減されたり、効果を実感したりすると、メディアにたいしての信頼感にもつながるでしょう。

正確性と信憑性が求められている

多くの情報が飛び交っているネット上では、より高い正確性と信憑性が求められています。ユーザー目線になり、求めてられている情報を提供していきましょう。自身のサービスを見極めて、専門家や医師が監修する記事制作方法を選ぶことをオススメします。

コンテンツ企画制作LPバナー

この記事が役に立ったと思ったら

もしこの記事の内容が有用だと思ったら、お使いのSNSなどでシェアをお願いいたします。

FacebookでC-NAPSの情報収集

C-NAPSのFacebookページに「いいね!」をしておくと、FacebookのタイムラインでC-NAPSの情報が受け取れます。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。

この記事の投稿者

河島 美津雄のサムネイル写真

河島 美津雄

マーケティングプランナー

お気に入りのマーケティングメソッドは「インバウンドマーケティングメソドロジー」。Webディレクション、Webデザイン、フロントエンドエンジニアもやっています。ちなみにこのWebサイトも構築しました。人見知りのくせにセミナー登壇などもやったり。

詳細はこちら

Archive同じカテゴリーの記事一覧